求人情報を検索して条件に合った転職をしましょう。

スポンサードリンク
     

アパレル業界 転職

アパレル業界転職にもいろいろあります。一番多いのは販売員ですが、店長候補、デザイナー、パタンナー、バイヤーなどですね。販売する物も、婦人服、紳士服、子供服インポートとブランドなどがありますね。

アパレル業界のブランドは星の数ほどありますよ。
アナイ、アンクローズドロップ、ビシェス オペーク、ビュルデサボン、クリア ジューシークチュール、デュプレー、アイズビット、ルミナーレ、インデックス、プードゥドゥなどなどあります。

アパレル業界の転職で役に立つスキルがあります。
ファッションコーディネート、ファッション販売能力検定、ファッションビジネス能力検定、衣料管理士、カラーコーディネーター検定などの資格があると転職に有利です。

apa.gif人気のあるポジションはプレスですが、かなり狭き門のようです。プレスとはテレビ番組や雑誌の企画内容などのために、スタイリストさんへ商品を貸出をするリース業務や雑誌に掲載されている商品をお客様からのお問い合わせに対応する業務などが主な仕事です。
人気はあるのですが、求人は少ないようです。
でもやりがいはありそうですね。メディアに関連することは楽しそうです。

マーチャンダイザーというのもありますが、要するにバイヤーですね。商品化の計画や仕入れによより、売れ筋になりそうな商品ラインナップを作るのが仕事です。特に資格は必要ないですが、販売や営業の経験を積んで、顧客の要望を知ることが基本となってきます。


就職・アルバイトの情報はこちらからも⇒blog ranking

ファッションデザイナーの求人募集

ファッションデザイナーの喜びは自分がデザインした物が店頭に商品として並ぶことですね。今までの知識を生かし、あなた自身のオリジナルが出来上がるのは快感でしょう。

でも競争も激しいらしく、学生時代からコンテストなどに参加しているといいです。

ファッションデザイナーやパタンナーの求人情報で応募資格は、服飾系専門学校を卒業していること、海外での生産管理工程を理解している方などが多いですが中には中国語・英語での実務経験がある方を募集しているところもありますね。

中国の方を雇用して、その指示なんかをするんでしょうね。
語学も色んな方面で生かされるんですね。

デザイナーとして有名なコシノ姉妹の母である小篠綾子さんはミシン一台で洋品店を開業して子供たちを育てたそうです。それでコシノジュンコ(Junko Koshino)・ コシノヒロコ(Hiroko Koshino)・コシノミチコ(Michiko Koshino)ブランドが生まれたんですね。母の力は偉大ですね。3人が3人とも同じ道を歩き、デザイナーになるってすごいことですね。

そんなブランドに携わってファッションデザイナーとして働けると、いい仕事が出来そう。

有名なブランドの求人情報もあるので、常にチェックしましょう。

ちなみに私は高田 賢三(たかだ けんぞう)さんのはっきりした色使いが好きです。

アパレル関係の仕事も魅力的です。作ることは出来なくても、お客さんのコーディネートが出来たりして、結構、やりがいのある仕事といえるでしょう。人材派遣で多くのお店に行くのもいい勉強になるでしょう。

自分でデザインしてインターネットで販売するという方法もあります。

就職・アルバイトの情報はこちらからも⇒blog ranking
スポンサードリンク