求人情報を検索して条件に合った転職をしましょう。

スポンサードリンク
     

求人情報をフリーペーパーで!

求人情報フリーペーパーから探すのもいいです。求人のフリーペーパーはなんと言っても手軽ですね。通勤途中や通学途中の駅構内やお買い物のときのスパー、コンビニエンスストアなど、誰でもよく行くところにおいてあるので、手軽に入手できます。若年層に購読者が多いのにはコンビニエンスストアの利用頻度にも比例します。

求人情報フリーペーパーはエリア内の情報が豊富なので働きたい地域に行って入手するといいです。やはり首都圏、関東圏のフリー雑誌は掲載量も豊富で参考になります。

いつでもどこでも入手してみることが出来るので利用しやすいです。インターネットによる情報はネットにつなぐ環境とパソコンが必要ですがフリーペーパーはそれが必要ないので電車の中でも食事を取りながらでもみることが出来ます。そういう意味ではかなり手軽であるということになります。

現在安定した職場にいる人でも、情報を得るために求人のフリーペーパーをみています。
今の自分の状況や給料は見合っているのかを確認したりします。また、転職を考えている人はもちろんですが、フリーターの人、今の職場で悩みを抱えている人などもフリーペーパーをみているのですね。

企業の方も掲載料を支払っているので情報は確実です。
求人のフリーペーパーは求人情報だけではなく、社会人としての知識や一般常識的な特集もあるので参考になりますね。

ただ、情報は編集した時期の物なので、やはり情報の新鮮さは求人情報サイトのほうがありそうですが、求人のフリーペーパーも上手に利用したいです。

就職・アルバイトの情報はこちらからも⇒blog ranking
この記事へのコメント
“無料求人誌”は雇用創出する社会インフラ
◆求人誌を支えてきたのは派遣業界
ここ数年、派遣業界を支えてきた「無料求人誌」が、そしてその「ラック(棚)」消えています。この度の雇用崩壊で、最もその影響が顕著に現れているのが求人誌です。とくに無料求人誌は、主な鉄道駅やコンビニから街中から、場所によってはそのラックごとすべて消えつつあります。求人が減少するのは雇用崩壊の勢で仕方がない話ですが、こうした現象は、求人誌がいかに派遣業界に支えられ発展成長してきたかという証です。
◆今こそ問われる「求人誌の真価」
 求人業界はこれまで景気上昇と共に発展成長してきましたが、少し業績が悪化したことを事由に、業界が構築したこの「社会インフラ」を崩壊させてしまう責任をどのようにするつもりでしょうか。果たして、それは一企業にとって都合が良い時だけの一時的な社会インフラだったのでしょうか。世界同時不況の直撃を受けた今こそ、雇用創出のために「無料求人誌」の真価が、そして会社存在のあり方が問われるべきです。
全文は下記ブログより
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

Posted by 人事総務部−ブログ&リンク集− at 2009年05月02日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18079691
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク